猫

ペット用品専門の通販サイトがおすすめ!ペットに関する全てが揃う

ペットが亡くなった時は

葬儀

生きているものはみんないつかは死んでしまいます。それは人間に限ったことではありません。ペットにも寿命があり、どんなに健康管理に気をつけっていてもいつかは死んでしまうでしょう。さらに、人間の寿命とペットの寿命を比べると、ペットの寿命が短いでしょう。ペットの種類によっては数年で死んでしまうこともあります。一昔前までは、庭にペットのお墓を手作りしていたでしょう。

しかし、現在はペットのお墓事情も変わってきています。現在は昔よりも存在が家族に近くなっているため、ペットが死んだ場合でもきちんと供養して、ペットのお墓に遺骨納骨する人も少しづつ増えています。そのため、ペットのお墓やペット霊園を運営する施設も存在します。しかし、まだまだペットのお墓やペット霊園で埋葬する人は少数派です。ペットが死んだ場合の遺骨をなんとなく自宅においている人も多くいます。今まであれほど家族同然に可愛がっていたペットです。最後までちゃんと供養してあげましょう。

ペットのお墓やペット霊園の埋葬は大きく分けて2つの種類に分類することが出来ます。1つめが、個別埋葬です。人間と同様に一人一人にお墓が存在します。見た目も人間の墓地と同様で墓石を用意して命日にはお墓参りをする人もいます。個別埋葬では、墓石の種類や墓石の場所によって費用がかわります。2つめが、合同埋葬です。自分のペットだけでなく、他のペットも一緒に埋葬するための共同のお墓です。合同埋葬のメリットは個別埋葬よりも費用が安いことです。ご自宅のペットが亡くなった時は、ペットのお墓やペット霊園で供養してあげましょう。